公益財団法人たましん地域文化財団 文字サイズ  大きく 標準 マイナス    
イベント
  今年度のイベント
「多摩の歴史講座」の記録集『地域の歴史を学ぶ2』が刊行されました。

   (公財)東京市町村自治調査会多摩交流センターとの共催事業「多摩の歴史講座」の記録集『地域の歴史を学ぶ2―「多摩の歴史講座」第11回から第20回の記録―』が刊行されました。 各回の講義概要や見学会の様子、アンケートのまとめなどが掲載されています。多摩の各市町村教育委員会や博物館、図書館などに配付いたしました。
   本記録集の一般へのご提供はしておりませんが、ご興味のある方は(公財)東京市町村自治調査会多摩交流センターのホームページで、この記録集のpdfを閲覧、ダウンロードできます。

(公財)東京市町村自治調査会多摩交流センターのホームページへ

 
たましん地域文化財団・東京市町村自治調査会共催「多摩の歴史講座」
    第20回「多摩の名主たち」平成28年(2016)     終了しました

   江戸時代に各地で村役人(名主・組頭・百姓代)を務めた豪農たちは、領主への年貢収納や法令遵守のための村請制の責任者であるだけではありませんでした。高い経済力で村民を守り、諸役の免除や訴訟などで領主や周辺村々との交渉や調整を行う能力を持ち、また婚姻や文化などを通じて、村役人同士で強固なネットワークをもっていました。本講座では多摩各地の名主たちの地域のリーダーとしてのありかたを紹介します。

□第1講 9月23日(金)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「熊川村名主石川家に見る幕末維新期のリーダー像」
  • 講師:牛米 努(中央大学文学部兼任講師)
□第2講 10月7日(金)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「武蔵野新田の惣代名主―関前村井口家を中心に―」
  • 講師:米崎清実(武蔵野市立武蔵野ふるさと歴史館学芸員)
□第3講 10月21日(金)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「古新田と武蔵野新田の豪農−小平から豪農のヴァリエーションを考える−」
  • 講師:三野行徳(国文学研究資料館プロジェクト研究員)
□第4講 11月4日(金)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「連光寺村名主富沢家をめぐる地域と社会」
  • 講師:桜井昭男(淑徳大学アーカイブズ主任専門員)
□第5講 11月18日(金)午後1時00分〜午後3時45分
  • 見学会「小島家の学問とその伝播―信州蚕種商との交流から―」
  • 講師:小島政孝(小島資料館館長)
  • 会場:小島資料館(町田市小野路町950)
    午後1 時 小島資料館集合、小島資料館・小野路一里塚・小島家墓所・小野神社・小野路宿里
    山交流館見学(行程1.3km)、午後3 時45分現地解散
会場略図
クリックして拡大

記入例
クリックして拡大

■場 所 多摩信用金庫府中支店4 階会議室(京王線府中駅南口2分)
第5講のみ小島資料館(小田急線・京王線・多摩都市モノレール多摩センター駅からバス10分または小田急線鶴川駅からバス20分で「小野神社前」下車、徒歩1 分)
  
■参加費 無料。ただし第5 講のみ小島資料館入館料600円がかかります。
  
■申込方法 記入例を参考に往復ハガキでお一人様1枚でお申込みください。
  
■申込締切 平成28年9月2日(金)当日消印有効
  
■定 員 100名(定員を超えた場合抽選となります。)
  
■申込先 〒183-0056 府中市寿町1-5-1 府中駅北第二庁舎6F 多摩交流センター内「多摩の歴史講座」係
  
■お問い合わせ
《講座内容について》
  たましん地域文化財団 TEL 042-574-1360
《お申込みについて》
  多摩交流センター       TEL 042-335-0100
  過去のイベント
『多摩のあゆみ』創刊40周年記念講演会
  • 「後世に残したい高尾山の貴重な植物」
  •   講師:菱山忠三郎(八王子自然友の会副会長)
  • 「江戸と村落文化―多摩の江戸型山車―」
  •   講師:齋藤愼一(日本風俗史学会会員)
  • 「多摩の古代を掘る」
  •   講師:坂誥秀一(武蔵野文化協会会長)
  • 日時/平成27年12月7日(月) 午後1時30分 〜 4時30分
  • 会場/立川市女性総合センターホール(アイムホール)
 
たましん地域文化財団・東京市町村自治調査会共催「多摩の歴史講座」
 第19回 「多摩の縄文人とくらし―台地、川、海とのかかわりあい―」平成27年(2015)
□第1講 9月25日(金) 午後1時30分〜午後3時30分
  • 「戦後の縄文時代研究で明らかになった縄文人の生活と美」
  • 講師:石井則孝(元日本遺跡学会会長)
□第2講 10月9日(金) 午後1時30分〜午後3時30分
  • 「下総台地の貝塚にみる武蔵野との交流」
  • 講師:堀越正行(千葉市立加曽利貝塚博物館館長)
□第3講 10月23日(金) 午後1時30分〜午後3時30分
  • 「自然人類学からみた原始・古代の関東の人々」
  • 講師:藤田 尚(新潟県立看護大学准教授)
□第4講 11月6日(金) 午後1時30分〜午後3時30分
  • 「縄文人たちは『野川』をどう感じ、どう暮らしたか―遺跡・土器の〈かたち〉から考える・入門―」
  • 講師:高麗 正(三鷹市教育委員会)
□第5講 11月20日(金) 午後1時00分〜午後4時30分
  • 東京都埋蔵文化財センター共同事業
    「モノ・人の動きから多摩・武蔵野の縄文時代を眺める−西東京市下野谷遺跡、多摩ニュータウンNo.72遺跡を基点として−」
  • 講師:山本孝司(東京都埋蔵文化財センター調査研究部)
  • 会場:東京都立埋蔵文化財調査センター(多摩市落合1-14-2)
  • 午後1時 東京都立埋蔵文化財調査センター集合。座学・見学の後、午後4時30分解散
場所/国分寺労政会館
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・東京市町村自治調査会共催)
 第18回 「多摩交流センター開設20周年記念 武蔵野台地と水」平成26年(2014)
□第1講 9月26日(金)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「玉川上水の分水の利用-江戸時代から近代-」
  • 講師:小坂克信(産業考古学会理事)
□第2講 10月10日(金)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「武蔵野台地の河川と水環境」
  • 講師:角田清美(青梅市文化財保護指導員)
□第3講 10月24日(金)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「多摩の水車のしくみと歴史、千川・三田用水の利用」
  • 講師:小坂克信(産業考古学会理事)
□第4講 11月7日(金)午後1時00分〜午後4時00分
  • 見学会「大沢の里水車経営農家(新車)と周辺の史跡を訪ねる」
  • 講師:大沢の里水車経営農家市民解説員ほか
  • 午後1時 都立野川公園集合―大沢の里水車経営農家(新車)―出山横穴墓第8号墓保存公開施設―龍源寺―近藤勇生家跡―都立野川公園(約3km)午後4時解散、小雨決行
□第5講 11月21日(金)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「分水の現状と今後―熊川分水―」
  • 講師:吉江勝広(福生市文化財保護審議会委員)
場所/国分寺労政会館
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・東京市町村自治調査会共催)
 第17回「多摩東京移管120周年記念 移りゆく多摩の景観と暮らし」平成25年(2013)
□第1講 10月25日(金)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「変貌する農村 -戦前から戦後の暮らし- 」
  • 講師:北村澄江(日野市郷土資料館嘱託員)
□第2講 11月8日(金)午後1時30分〜午後4時
  • 見学会「集合住宅歴史館 -同潤会アパートから戦後の2DK・テラスハウス・高層アパートへ、集合住宅の歴史から見る多摩の団地- 」
  • 講師:祖谷 太(都市再生機構技術研究所 副所長)
  • 午後1時30分 技術研究所本館会議室集合、午後4時解散
□第3講 11月22日(金)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「村から街へ -多摩ニュータウン事業用写真を『読む』- 」
  • 講師:清水裕介(公益財団法人多摩市文化振興財団学芸員)
場所/国分寺労政会館
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・多摩交流センター共催)
 第16回 「八州廻りとアウトロー」平成24年(2012)
□第1講 9月26日(水)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「八州廻りの誕生と村々」
  • 講師:桜井昭男(淑徳大学アーカイブズ主任専門員)
□第2講 10月10日(水)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「武装する集団と八州廻り」
  • 講師:牛米努(中央大学文学部兼任講師)
□第3講 10月24日(水)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「嘉永水滸伝のアウトローたち―関東における博徒の展開―」
  • 講師:高橋敏(国立歴史民俗博物館名誉教授)
□第4講 11月7日(水)午後1時30分〜午後3時30分
  • 見学会「史料にみるアウトローたち−藤屋の万吉、小金井小次郎など−」
  • 講師:花木知子(府中市郷土の森博物館学芸員)
  • 午後1時 府中市郷土の森博物館集合 午後4時解散
□第5講 11月21日(水)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「博徒小川の幸蔵とその時代」
  • 講師:高尾善希(東京都公文書館史料編さん係専門員)
場所/国分寺労政会館
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・多摩交流センター共催)
 第15回 「武蔵野・多摩の文学」平成23年(2011)
□第1講 10月19日(水)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「武蔵野の文学―国木田独歩『武蔵野』、徳冨蘆花『みみずのたはごと』、大岡昇平『武蔵野夫人』を中心に―」
  • 講師/生田美秋(世田谷文学館)
□第2講 11月2日(水)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「仙川のくらし―武者小路実篤の芸術世界―」
  • 講師/福島さとみ(調布市武者小路実篤記念館)
□第3講 11月16日(水)午後1時〜午後4時
  • 見学会「地域の発展と町田の文学者たち&『孤愁の詩人・画家蕗谷虹児展』見学」
  • 講師/山端穂・神林由貴子(町田市民文学館ことばらんど)
  • JR横浜線町田駅集合―町田市民文学館ことばらんど―町田駅
□第4講 11月30日(水)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「山本有三と太宰治の三鷹時代」
  • 講師/渡辺美知代(三鷹市山本有三記念館)・吉永麻美(太宰治文学サロン)
□第5講 12月14日(水)午後1時30分〜午後3時30分
  • 「吉野の里と吉川英治」
  • 講師/片岡元雄(吉川英治記念館)
場所/国分寺労政会館
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・多摩交流センター共催)
 第14回「多摩川とくらし」平成22年(2010)
□第1講 9月29日(水)
  • 「多摩川と武蔵国府―最新の発掘成果から―」
  • 講師/江口桂(府中市文化振興課)
□第2講 10月13日(水)
  • 「多摩川上流域における開発と水害」
  • 講師/増渕和夫(川崎市教育委員会)
□第3講 10月27日(水)
  • 見学会「羽村堰に仕組まれた洪水への工夫」
  • 講師/河村康博(羽村市郷土博物館)
  • JR青梅線羽村駅集合―まいまいず井戸−玉川上水羽村取水堰―羽村市郷土博物館―羽村駅(約4km)
□第4講 11月10日(水)
  • 「多摩川の鮎漁と行楽」
  • 講師/金野啓史(日野市文化スポーツ課)
□第5講 11月24日(水)
  • 「府中用水と流域のくらし」
  • 講師/清水周(国立市教育委員会)
場所/国分寺労政会館(JR中央線国分寺駅南口5分)
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・多摩交流センター共催)
 第13回「今に伝わるむかしみち」平成21年(2009)
□第1講 9月25日(金)
  • 「地図にみられる道、社会、その表現」
  • 講師/清水靖夫(日本国際地図学会)
□第2講 10月9日(金)
  • 「三千分の一多摩地形図にみる道と近代化」
  • 講師/芳賀啓(「之潮」代表)
□第3講 10月23日(金)
  • 「戦前戦後の民間地図にみられる道と時代背景」
  • 講師/今尾恵介(日本国際地図学会)
□第4講 11月6日(金)
  • 見学会「伊能忠敬測量隊の道を歩く」
  • 講師/伊能忠敬研究会
  • 京王線高幡不動駅集合―北野街道−武蔵一之宮小野神社―京王線聖蹟桜ヶ丘駅(約4km)
□第5講 11月20日(金)
  • 「伊能忠敬測量隊の多摩測量行」
  • 講師/星埜由尚(伊能忠敬研究会代表理事、元国土地理院院長)
場所/国分寺労政会館
↑ページ上部へ
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・多摩交流センター共催)
 第12回「中世多摩の信仰と寺社」平成20年(2008)
□第1講 9月19日(金)
  • 「中世多摩地域の寺社」
  • 講師/峰岸純夫(東京都立大学名誉教授)
□第2講 10月3日(金)
  • 「瓦からみる寺社のネットワーク―大国魂神社・二宮神社―」
  • 講師/深澤靖幸(府中市郷土の森博物館学芸員)
□第3講 10月17日(金)
  • 「京王百草園周辺(真慈悲寺跡)見学会」
  • 講師/日野市郷土資料館・真慈悲寺調査ボランティア
  • 京王百草園前八幡下公園集合(京王線百草園駅下車徒歩15分)―近世期松連寺僧侶墓地−京王百草園−百草八幡神社−真慈悲寺跡発掘現場−百草観音堂−真慈悲寺調査センター−八幡下公園
□第4講 10月31日(金)
  • 「普済寺版経などにみる中世多摩の領主・庶民・信仰」
  • 講師/渋江芳浩(あきる野市文化財保護審議会委員)
□第5講 11月13日(木)(木曜日です。ご注意ください)
  • 「南関東の仏像と中世」
  • 講師/塩澤寛樹(日本橋学館大学准教授)
場所/国分寺労政会館
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・多摩交流センター共催)
 第11回「デジタル地図を使って多摩の歴史を探る」平成19年(2007)
□第1講 9月14日(金)
  • 「東京デジタル重ね地図の可能性」
  • 講師/森田喬(法政大学工学部教授)
□第2講 9月28日(金)
  • 「地形から読む地域の形成史―杉並を中心に」
  • 講師/陣内秀信(法政大学デザイン工学部教授、法政大学エコ地域デザイン研究所所長)
□第3講 10月12日(金)
  • 「水みちからみた、多摩・武蔵野の成り立ち」
  • 講師/神谷博(法政大学工学部講師、水みち研究会代表)
□第4講 10月26日(金)
  • 「多摩の風の通り道、気温とくらし」
  • 講師/出口清孝(法政大学デザイン工学部教授)
□第5講 11月9日(金)
  • 「400年の歴史遺産“日野の用水路再生”から多摩の地域像を探る」
  • 講師/高橋賢一(法政大学デザイン工学部教授)
場所/国分寺労政会館
↑ページ上部へ
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・多摩交流センター共催)
 第10回「玉川上水の歴史と自然を学ぶ」平成18年(2006)
□第1講 9月20日(水)
  • 「玉川上水 歴史と技術―常識への疑問―」
  • 講師/肥留間博(クオリ)
□第2講 9月27日(水)
  • 「玉川上水の桜その景観変遷―名所から名勝そして史跡へ―」
  • 講師/伊藤富治夫(小金井市教育委員会)
□第3講 10月4日(水)午後1時〜4時
  • 見学会「玉川上水の現状を訪ねて」 雨天決行
  • 講師/小平市玉川上水を守る会(庄司徳治・織田雅雄・矢崎功)
  • 玉川上水駅南口広場集合→金毘羅橋→小平監視所→小川橋→久右衛門橋→小平中央公園→鷹の台駅
□第4講 10月11日(水)午後2時〜4時
  • 「羽村発〜新田経由〜大木戸行―玉川上水で結ばれた村と都市―」
  • 講師/天野宏司(駿河台大学講師)
□第5講 10月18日(水)
  • パネルディスカッション「玉川上水の明日を考える」
  • 講師/肥留間博(クオリ)、伊藤富治夫(小金井市教育委員会)、鈴木浩三(東京都水道局)
場所/国分寺労政会館
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・多摩交流センター共催)
 第9回「産業考古学からみる多摩の鉄道」平成17年(2005)
□第1講 7月10日(日)
  • 「鉄道における近代化遺産」
  • 講師/青木栄一(東京学芸大学名誉教授)
□第2講 8月14日(日)
  • 「八王子をめぐる電鉄の盛衰とその遺産〜武蔵中央電鉄、京王御陵線、南津電気鉄道」
  • 講師/山田俊明(都立第二商業高校)
□第3講 9月11日(日)
  • 「駅・駅舎にみる技術、文化、社会」
  • 講師/佐藤美知男(交通博物館)
□第4講 10月9日(日)
  • 見学会「青梅線の鉄道構造物−トンネルと橋梁−を訪ねて」
  • 講師/小野田滋(JR鉄道総合技術研究所)
  • JR青梅線御嶽駅集合。コンクリートアーチ橋、軍畑鉄橋等見学を見学。青梅駅にて解散。
□第5講 11月13日(日)
  • 「古レールの話」
  • 講師/西野保行(元東京都交通局理事)
場所/国分寺市商工会館
↑ページ上部へ
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・多摩交流センター共催)
 第8回「近世地誌にみる多摩の地域像」平成16年(2004)
□第1講 7月4日(日)
  • 「江戸の文人が記した多摩の歴史と名所」
  • 講師/鈴木章生(目白大学助教授)
□第2講 8月1日(日)
  • 「名所図会のなかの古代・中世―多摩の基層文化を探る―」
  • 講師/小野一之(府中市郷土の森博物館学芸員)
□第3講 9月5日(日)
  • 「相沢五流・伴主の地誌編纂―関戸旧記と調布玉川惣畫圖―」
  • 講師/岩橋清美(川崎市公文書館)
□第4講 10月3日(日)
  • 「創られた伝統―塩野適斎と『桑都日記』―」
  • 講師/吉岡孝(国学院大学講師)
□第5講 11月7日(日)
  • 「明治維新と近世地誌のゆくえ」
  • 講師/白井哲哉(埼玉県立文書館学芸員)
場所/多摩交流センター
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・多摩交流センター共催)
 第7回「日記にみる人々のくらし―幕末維新の動乱を背景に―」平成15年(2003)
□第1講 7月6日(日)
  • 「里正日誌からみた村の幕末維新」
  • 講師/森安彦(中央大学教授)
□第2講 8月3日(日)
  • 「筏商いと集落生活の細密画・儀三郎日記」
  • 講師/石井道郎(五日市古文書研究会代表)
□第3講 9月7日(日)
  • 「公私日記にみる幕末期の柴崎村と女性」
  • 講師/河野淳一郎(公私日記研究会会員)
□第4講 10月5日(日)
  • 「富沢家日記にみる多摩の村人の動向」
  • 講師/高木俊輔(立正大学教授)
□第5講 11月2日(日)
  • 「天然理心流と新選組―小島日記にみる情報ネットワーク―」
  • 講師/小島政孝(小島資料館館長)
場所/多摩交流センター
↑ページ上部へ
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・多摩交流センター共催)
 第6回「江戸近郊の山々を学ぶ―参詣と遊山―」平成14年(2002)
□第1講 6月29日(土)
  • 「江戸後期、庶民の山岳信仰と遊山」
  • 講師/村上直(法政大学名誉教授)
□第2講 7月28日(日)
  • 「御岳山―御神宝とオイヌサマと太占―」
  • 講師/齋藤愼一(青梅市文化財保護審議委員)
□第3講 8月25日(日)
  • 「見学会(御岳山、武州御嶽神社、山頂御師集落)」
  • 講師/齋藤愼一
  • JR御岳駅集合→御岳ビジターセンター→武州御嶽神社→御師集落見学→御岳ビジターセンター解散
□第4講 9月29日(日)
  • 「高尾山―護摩札配札と代参講にみる人々のきずな―」
  • 講師/外山徹(明治大学博物館)
□第5講 10月27日(日)
  • 「相州大山―雨乞い、豊漁、商売繁盛の山―」
  • 講師/大野一郎(厚木市教育委員会)
場所/多摩交流センター
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・多摩交流センター共催)
 第5回「多摩戦国時代の城を学ぶ」平成13年(2001)
□第1講  6月24日(日)
  • 「多摩の戦国時代概観」
  • 講師/加藤哲(八王子市文化財保護審議会委員)
□第2講  7月29日(日)
  • 「三田氏を考える―多摩川上流域の中世―」
  • 講師/伊藤博司(日本考古学協会)
□第3講  8月26日(日)
  • 「大石氏、後北条氏の城」
  • 講師/八巻孝夫(中世城郭研究会)
□第4講  9月30日(日)
  • 「出土遺物から考える後北条氏のくらし」
  • 講師/戸井晴夫(八王子市教育委員会)
□第5講 11月4日(日)
  • 「バス見学会・勝沼城、滝山城、八王子城をめぐる」
  • 講師/加藤哲
  • JR青梅線・羽村駅→今井城→勝沼城→滝山城→八王子城→JR中央線・高尾駅
場所/多摩交流センター
↑ページ上部へ
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・多摩交流センター共催)
 第4回「武蔵国の古代を知る−国府・国分寺・東山道武蔵路−」平成12年(2000)
□第1講 6月25日(日)
  • 「国府・国分寺・東山道武蔵路とは?」
  • 講師 坂誥秀一(立正大学名誉教授)
□第2講 7月30日(日)
  • 「古代の武蔵国府にふれる」(同時見学:国府出土名品50選展示)
  • 講師 江口桂(府中市教育委員会)、深澤靖幸(府中市郷土の森博物館)
□第3講 8月27日(木)
  • 「東山道武蔵路と官道」
  • 講師/早川泉(大成エンジニアリング埋蔵文化財調査室長)
□第4講 9月17日(日)
  • 「大規模な信仰の中心・武蔵国分寺」
  • 講師 福田信夫(国分寺市教育委員会)
□第5講 10月29日(日)
  • 「見学会 武蔵国分寺・東山道武蔵路を歩く」
  • 講師 福田信夫
  • 西国分寺駅−東山道武蔵路遺構保存道路−国分僧寺跡−国分尼寺跡−西国分寺駅
場所/多摩交流センター(第5講は現地見学会)
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・多摩交流センター共催)
 第3回「伝統芸能にふれる−説経節・人形芝居・写し絵−」平成11年(1999)
□第1講 6月27日(日)
  • 「説経節とは何か?」
  • 講師/秋谷治(一橋大学教授)
□第2講 7月18日(日)
  • 「説経節をめぐる諸芸−人形芝居・写し絵−」
  • 講師/西角井正大(実践女子大学教授〈当時〉)、山形文雄(写し絵三代目平成玉川文楽)
□第3講 8月12日(木)
  • 「三代目玉川文楽襲名披露公演 写し絵観劇会(新国立劇場)」
□第4講 9月12日(日)
  • 「説経節〈五説経を中心に〉の物語」
  • 講師/岩崎武夫(元千葉経済大学教授)
□第5講 10月10日(日)
  • 「多摩地域の説経節」
  • 講師/小澤勝美(法政大学教授)
□第6講 11月21日(日)
  • 「説経節のいま・これから」
  • 講師/宮川孝之(説経節の会会長)
  • 実演/薩摩彦太夫(当時、渡部雅彦 説経節の会)、京屋波(赤羽英子 説経節の会)
場所/多摩交流センター(第3講のみ新国立劇場)
↑ページ上部へ
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・多摩交流センター共催)
 第2回「多摩の寺院を学ぶ」平成10年(1998)
□第1講 6月28日(日)
  • 「多摩の寺院と地域文化」
  • 講師/村上直(法政大学名誉教授)
□第2講 7月26日(日)
  • 「三田氏と禅寺−海禅寺・天寧寺−」
  • 講師/広瀬良弘(駒澤大学教授)
□第3講 8月30日(日)
  • 「庶民信仰と地域文化−薬王院・大悲願寺−」
  • 講師/村上直
□第4講 9月27日(日)
  • 「見学会:寺院と文化財―高幡不動尊―」
  • 講師/村上直、広瀬良弘
□第5講 10月25日(日)
  • 「街道と寺院―高安寺・深大寺―」
  • 講師/村上直
□第6講 11月29日(日)
  • 「戦国社会と禅僧―宗関寺・高乗寺・広徳寺―」
  • 講師/広瀬良弘
場所/多摩交流センター
 
多摩の歴史講座(たましん地域文化財団・多摩交流センター共催)
 第1回「多摩の代官を語る」平成9年(1997)
□第1講 6月22日(日)
  • 「江戸時代の代官像―大久保長安と八王子・府中代官たち―」
  • 講師/村上直(法政大学名誉教授)
□第2講 7月13日(日)
  • 「多摩を治めた代官―高室代官と有力農民―」
  • 講師/馬場憲一(法政大学兼任講師)
□第3講 8月10日(木)
  • 「多摩が生んだ名代官―田中休愚と川崎平右衛門―」
  • 講師 村上直
□第4講 9月14日(日)
  • 「開国と代官−江川太郎左衛門と松村忠四郎−」
  • 講師/馬場憲一
□第5講 10月12日(日)
  • 「幕末維新の代官と豪農―多摩の近代への道―」
  • 講師/米崎清実(東京都江戸東京博物館)
場所 多摩交流センター
☆第1講と2講が都合により入れ替わった
↑ページ上部へ
多摩の歴史講演会(あきる野市教育委員会・たましん地域文化財団共催)
■「西国で活躍した郷土の豪族−小宮氏と小川氏ー」平成14年(2002)
  • 講師/段木一行(法政大学文学部教授)
  • 日時/平成14年1月19日(土)午後2時〜4時
  • 会場/ルピアホール(あきる野ルピア3F)
  • JR五日市線秋川駅北口下車1分
■「多摩川流域の中世―南一揆を中心に―」平成13年(2001)
  • 講師/峰岸純夫(中央大学文学部教授、群馬県立歴史博物館館長)
  • 日時/平成13年1月20日(土)午後2時〜4時
  • 会場/ルピアホール(あきる野ルピア3F)
  • JR五日市線秋川駅北口下車1分
■「五日市憲法草案の今を問う−発見から30年を経て−」平成12年(2000)
  • 講師/新井勝紘(国立歴史民俗博物館助教授)
  • 日時/平成12年1月22日(土)午後2時〜4時
  • 会場/ルピアホール(あきる野ルピア3F)
  • JR五日市線秋川駅北口下車1分
■「多摩が生んだ民政家・田中休愚」平成11年(1999)
  • 講師・テーマ/村上直(法政大学名誉教授)
  • 「田中休愚の生涯について−「走庭記」と「民間省要」−」
  • 講師・テーマ/大友一雄(国立史料館助教授)
  • 「田中休愚の事蹟とその後の顕彰活動」
  • 日時/平成11年1月23日(土)午後2時〜4時30分
  • 会場/ルピアホール(あきる野ルピア3F)
  • JR五日市線秋川駅北口下車1分
↑ページ上部へ
プライバシーポリシー    |    サイトのご利用について     |    サイトマップ
公益財団法人 たましん地域文化財団 〒186-8686 東京都国立市中 1-9-52 TEL 042-574-1360
since 15 May, 2001 Copyright © TAMASHIN Culture Foundation Allrights reserved.